<当ブログは、商品・サービスにプロモーションを含みます>
派遣看護師

ツアーナースとはどんな仕事?仕事内容、給料、メリット・デメリットを紹介

悩める看護師
悩める看護師
  • ツアーナースってどんな仕事?
  • メリット・デメリットを教えてほしい

 

ブログの結論
  • 学校・企業の旅行に参加者し、体調管理・ケガに対応する
  • 気分転換しながらダブルワークができる

 

ツアーナースって面白そうだから働きたいが、どんな仕事ですか?と不安を持たれます。

本業とは異なる仕事で、リフレッシュしながら観光地を回れるメリットがあります。

今回は、ツアーナースの仕事、給料、メリット・デメリットを紹介します。

 

ツアーナースとは?

ツアーナース:旅先に同伴して旅行者の健康管理や怪我の応急手当てをする

 

主に修学旅行や、スポーツ合宿企業の団体旅行に付き添います。

旅行者の健康管理や、怪我人の看護や応急処置をしています。

旅先で何が起こるか分からないため、臨機応変に対応できる能力が必要です。

おそら
おそら
観光地を周りながら仕事ができるよ!

 

ツアーナースと病院看護師との違い

病院看護師は、正社員・パート・派遣看護師として働くことがほとんどです。

ツアーナースの場合、派遣会社に登録して単発バイトで働きます。

医療従事者は看護師1〜2人で、何かあった時に冷静に判断し、臨機応変な対応が必要になります。

勤務時間は決まっておらず、その応募したツアーが終了するまでのため、勤務時間が長くなります。

 

イベントナースに興味がある方は以下のリンクへ>

イベントナースとはどんな仕事?メリット・デメリットも紹介イベントナースは、イベント会場の応急処置や看護する仕事です。空いている時間で仕事ができるためダブルワークとしておすすめです。イベントナースのメリット・デメリットも紹介するため参考にしてください。...

 

ツアーナースの添乗先

  • 小学校の遠足、修学旅行、林間学校
  • 部活動の合宿
  • 企業の社員旅行・研修

 

添乗先やツアーの内容により同行時間が変わります。

1〜3日程度の同行するパターンが多いです。

各年齢層が参加するため、同行するツアーによって対応する病気やケガが違います。

看護師としてはより幅広い知識がある不安なく働けます。

 

ツアーナースの仕事内容

体調管理

主な仕事は旅行者の体調管理です。

事前の情報から持病や体調が変わりやすいことを把握し、万が一のことを考えて細く体調に配慮しなければいけません。

場合によってはバイタルサインの確認、休憩時間を細く設けるなどの対応も必要です。

 

病気・ケガの応急処置

旅行では、普段より持病の悪化やケガが発生しやすくなります。

擦り傷の応急処置・熱中症・捻挫・喘息発作などは時折見られるケースです。

最悪の場合は、胸骨圧迫等の救命処置も起こり得ます。

受診時に同伴して救急要請や、受診先と連絡をするケースもあります。

 

食事・服薬管理

旅行中によく起こるのが食物アレルギーです。

事前の打ち合わせが重要で、旅行者のアレルギーを把握し、食事場所や宿泊先との調整が不可欠です。

服薬管理では、小学生等が内服できているか確認します。

アナフィラキーショックも起こり得るため、薬剤を常時します。

 

主催者との打ち合わせ

単発バイトが決定すると、事前に主催者と打ち合わせが必要です。

打ち合わせ内容
  • ツアーのスケジュール・集合時間と場所
  • 参加人数・健康状態・アレルギーの確認
  • 持参物品
おそら
おそら
打ち合わせはリモートや電話で行うことが多い!

 

スケジュールの把握

旅行者の健康管理のために、スケジュールを知ることが重要です。

例)ツアーナースのスケジュール
  • 7〜8:00 集合      指定場所に集合・健康状態チェック・救急バックを確認
  • 9:00  出発・移動事前  酔い止めを服用・エチケット袋を準備
  •     トイレ休憩    休憩所で体調不良者の確認
  • 11:00 目的地到着    ツアーに参加しつつ体調不良者の確認
  • 12:00 昼食       食物アレルギー者の食事確認・児童の服薬チェック
  • 13:00 自由行動     ツアーに参加しつつ体調不良者の確認
  • 17:00 宿泊先到着    看護部屋で待機
  • 18:00 夕食       昼食に準ずる
  • 19:00 レクリエーション 看護部屋で待機 体調不良者の看護
  • 20:30 入浴・就寝    健康状態チェック(健康カード記入)・眠前薬チェック
  • 22:00 職員会議     職員へ健康状態報告
  • 23:00 部屋の巡回    必要時に看護する
  • 24:00 入浴・就寝    日報を記入・看護部屋で就寝
  • 2日目 起床       健康カードに記入・健康状態チェック
  • 以後は1日目に準ずる
おそら
おそら
打ち合わせで分からないことは確認できるよ!

 

ツアーナースの給料

日給12000〜15000円前後

 

1〜数日間で、募集しています。2日以上だと、24時間体制で時給が安くなるため、考慮して参加する必要があります。

遅延するケースもありますが、延長した時間は給料が出るケースがほとんどです。

ツアーの交通費・宿泊費・入場料等は全額支給されます。

 

【単発・派遣の登録ならMC-ナースネット

ツアーナースのメリット・デメリット

ツアナースのメリット

  • 各地へ旅行ができる
  • リフレッシュした気分になれる
  • ダブルワークができる

 

各ツアーは時期によって異なるため、自分の時間に合わせて参加できます。

給料を貰いながら旅行できるため、旅行好きにはオススメの働き方です。

 

ツアーナースのデメリット

  • 拘束時間が長い
  • 時期により求人数にバラつきがある
  • ある程度の臨床経験がいる

 

2日以上のツアーの場合、拘束時間が長く、効率良く稼ぎたい方には不向きです。

仕事が不定期で、求人数にバラつきがあるため、ツアーナースだけで生計を立てるのは厳しいです。

 

ツアーナースになる条件

看護師または准看護師の資格がいる

看護師か准看護師の資格がないと、派遣会社に登録できません。

准看護師でも働けるため、幅広い求人があります。

 

臨床経験は3年以上

経験年数は決まっていないが、経験豊富で臨機応変に対応できる看護師が求められます。

1〜2人の看護師でツアーに参加するため、3年以上経験が欲しいです。

 

ツアーナース開始までの流れ

  1. 派遣会社に登録
  2. 希望条件を登録
  3. 希望の求人に応募
  4. 選考・採用
  5. ツアーの打ち合わせ

 

まずは、派遣会社の求人サイトから1分で簡単登録し、希望条件をフォーム登録します。

自分で探したor探してくれた条件の求人に応募し、選考・採用され開始となります。

 

ツアーナースになりたい看護師への注意点

  • 旅行を存分に楽しめないこともある
  • 責任が重くなる
  • 初めてのツアーナースは仕事が限られる

 

あくまでも旅行を楽しむのは参加者のため、看護師は仕事で体調管理が優先事項になります。

ツアーナースは1〜2人で、個人で判断するケースが求められます。

初めて求人に応募する場合、経験がないため参加できる仕事が限られることがあります。

 

【まとめ】

ブログの結論
  • 学校・企業の旅行に参加者し、体調管理・ケガに対応する
  • 日給12000〜15000円前後
  • ツアーナースを開始するには派遣会社へ登録
  • 気分転換しながらダブルワークができる
  • 責任が重いためある程度の臨床経験がいる

 

おそら
おそら
稼ぎながらリフレッシュするならツアーナースだね!

 






    ABOUT ME
    おそらナース
    おそらナース
    やりがい無く働く派遣看護師 ・看護師歴5年 現在派遣看護師3年目 ・やりがい無く病棟看護師を退職→派遣看護師へ転職 ・仕事にやりがいを求めないから派遣看護師として働き続けられる ・派遣のみで手取り収入30万円
    おそら派遣看護師プロフィール
    おそら
    おそら
    やりがい無く働く派遣看護師
    ・看護師歴5年 現在派遣看護師3年目
    ・やりがい無く病棟看護師を退職→派遣看護師へ転職
    ・仕事にやりがいを求めないから派遣看護師として働き続けられる
    ・派遣のみで手取り収入30万円